Q&A

※文をクリックすると回答が表示されます。

発注について

A. 1体から発注できます。一度に5体以上発注される場合は、分納することがあります。
 2体目からはデザイン費が免除される分、お安くなります。

A. 発注前でも、イメージの作成は承っております。
 その後正式に発注いただけるならば、納品時にまとめてご請求する形となりますが、
 キャンセルとなった場合には、イメージ作成費のお支払いをお願いしています。

A. 詳しくはこちらのページをご参照ください。
 「発注から~納品まで」
 初回取引の方には納品前のお支払いをお願いしています。

A. おおよそ、発注~納品までに2か月程度かかります。
 詳しくはこちらのページをご参照ください。
 「発注から~納品まで」

A.はい、当社提携の施工業者または現地の看板施工業者へ委託する形ではありますが、
 製作から施工まで一括で対応可能です。
 施工費の見積については、現地下見をした上で設置仕様について打合せする必要があります。
 遠方で時間・距離的に直接の打ち合わせが難しい場合は、委託した現地の施工業者を派遣して
 現地下見を行った後で、電話・FAX・メールなどで打ち合わせを行います。
 現地下見が難しい現場の場合は、設置仕様が想定できそうな画像資料などをご提供ください。
 貴社で施工業者を手配される場合は、希望いただければ設置指導を行います。

A.アドバルーンやエアPOPは当社が製作するエア造形とは材質・製法・構造が異なるため、
 当社では製作できません。また委託されての販売などもしておりません。
 それらの製作をご希望の場合は、申し訳ございませんが別会社をお探しください。

製作について

A.空気で膨らませる性質上、丸みを帯びた形状はきれいに仕上がるのですが、
 角ばった形状やまっすぐな形状は難しく、
 きれいに仕上げるにはその部分に架台などを組み込む必要が出てきます。
 設置場所によってはサイズを小さくしたり、架台の形状などを工夫する必要があります。

A.屋内や短期の使用を想定している製品についてはナイロン生地、
 屋外での使用を想定している製品についてはテント用生地を使用しています。
 印刷にも対応しており、印刷対応可能なのはポリエステル生地かテント用生地で
 使用用途に応じて使い分けをしています。

A.当社はすべて、日本国内にある自社工房で製作しています
 工房内で職人が一つひとつ丁寧にミシン縫製して仕上げています。
 使用している機材も国内の企業より調達し、可能な限り国産のものを使用しています。

A.屋外での耐用年数は常設で設置後3年から5年です。
 設置環境や条件により7年近く設置され続けた例もあります。
 色落ちや汚れが顕著になりましたら取り換えをお勧めしています。
 屋内での耐用年数は10年以上、使用され続けた実績があります。

A.当社独自の技術で、エア造形内部に照明具を取り付けることができます。
 形状の問題がなければ全体をくまなく照らし出すことができます。
 照明具には現在、LED電球を使用しています。
 防炎や衝撃、防水対策に電球一つひとつをソケットに取り付けています。

A.当社のエア造形は電動送風機による常時送風により形状を維持する構造です。
 電源がない場所では原則、使用はできません。
 発電機もしくは大容量のバッテリーとインバーターをご用意いただければ、
 屋外での使用には問題ありません。電源はAV100Vのものをご用意ください。
 家庭用電源と同じですので、大半の建物で使用可能です。

A.エア造形はヘリウムガスを用いても浮かぶことはありません。

 ヘリウムガスを用いて浮かぶのは、主に風船やアドバルーンといったものです。
 エア造形は風船やアドバルーンとは材質と製法の違いにより、
 同じように浮かぶことができなくなっています。エア造形の材質である布地は、
 風船やアドバルーンの材質のビニールに比べれば空気を通しやすく、
 ミシン縫製により布と布の間にはかすかに空気が逃げる隙間が生まれ、
 吹き込まれた空気を少しずつ逃がしています。
 そのため、エア造形ではヘリウムガスはとどまり続けることが難しく、
 特性を発揮しきる前に造形内部から出て行ってしまいます。
 ヘリウムガスによる浮力は生まれず、浮かせることはできません。

 当社では風船やアドバルーンを製作していませんので、浮く造形の製作を希望される方は
 大変申し訳ございませんが別会社をお探しください。
 ただし、浮くことにこだわられず高い位置から吊るす仕様でも構わないということであれば、
 当社のエア造形で対応可能です。ぜひご相談ください。

A.はい、防炎協会認定の防炎加工した生地を用いて製作すれば可能です。
 ただし、現在未だ防炎加工できない布地があるため、
 布地選定の際にご希望に添えない場合があります。

設置やメンテナンスについて

A.概ね1日、長くても2日で終わります。
 それ以上かかった現場は今までありません。
 施工に取り掛かれる時間帯に制限があるところでは作業を分割して行うこともあります。

A.エア造形を設置するには電源をつないで、且つ、ロープやワイヤーで
 周囲から引っ張りをとってから結束して固定する必要があります。
 そのため設置に向いていない場所というのは次のような場所になります。
 ・電源が取れない場所
 ・人が簡単にたどり着けず、結束作業を行うのが困難な場所 
 ・ガラス壁面などアンカーを行うのに問題がある場所
 ・老朽化などで強度が著しく低い建物

 他にもありますが、設置仕様ごとに条件が異なります。
 詳しく仕様ごとの紹介ページをご確認ください。

A.今まで申請が必要だったのは、
 『屋外広告物許可申請』『道路占用許可申請』『道路使用許可申請』の3つです。

 また設置前に設置場所が景観条例の範囲内に該当していないか、
 該当していたら設置物が景観条例に抵触しないかの確認が必要です。

 屋外広告物申請はエア造形を広告物として設置する場合は例外なく申請が必要です。
 道路占用許可申請は造形を設置した際、公道へせり出す部分があった場合に必要です。
 道路使用許可申請は、高所作業車を公道に置いて作業を進める必要がある場合に必要です。

 他に、高さ4mを超える造形は『工作物申請』の対象になります。
 こちらについては、今のところ自治体より「必要はない」との回答を得ていますが、
 今後どのようになるか、不透明な部分に当たりますので設置の際は各自治体へ
 都度確認するようにしてください。

 当社から申請することは出来ませんが委託先の看板施工業者に委任することは出来ます。

A.当社で製作する製品はすべて、オリジナルの1点もののため、
 どのような不具合が出るか、判断がつきにくく、モノにより異なります。
 そのため、一律で保証期間・内容を定めるのが難しく、
 基本的には聞き取りによる判断により無償・有償かを定めています。
 無償対象となるのは、納品日より3か月以内で、
 当社からの取扱説明の案内に従い使用したにも関わらず、
 材料・製造上に起因する不具合が現れたと当社が認めた場合です。
 また、無償での補修・交換の対象となった場合でも、
 当該製品の運送等にかかる経費はご負担ください。
 故障に伴う休業補償などの二次的損失は補償範囲外となります。
 また台風などの天災による故障に関しても補償範囲外となります。

A.エア造形に使用している布には、撥水加工がされていますので、
 多少の雨ならば問題ありません。また電球には防水加工のものを使用しています。
 しかし、豪雨の場合、エア式看板などの製品は撥水加工では対応しきれませんので、
 使用を中止し収納するようにしてください。
 濡れたままではしわが付きやすく、カビが発生する可能性もあります。
 雨がやみましたらすぐに日光の下で干して乾かしてから使用してください。
 屋外常設用のエア造形はそのままで構いません。

A.エア造形は確かに風の影響を受けやすく、
 何の対策もしないままでは台風などの強風で飛ばされてしまうと思います。
 しかし、当社が今まで製作施工した造形では、近年の史上最大風速を更新するような台風に
 直撃した地域に設置したものでも飛んだものは1つもありません
 それは当社独自の耐風圧架台をエア造形に組み込むことで、
 強風を受けても飛んでしまわない構造を形成させているためです。
 また耐風圧架台を組み込まない造形でも、強風が予想される際には、
 事前にエア抜き収納をすることで風の影響を極力なくすことができます。

A.開く穴の大きさにもよりますが、造形の大きさに対して穴の割合が小さなものであれば、
 常時空気を送り続けているので、膨らみ続けて形状維持できます。
 送風機が供給する空気よりも多く空気が出てしまうような大きい穴や裂傷ができてしまえば、
 少しずつしぼんでいきます。萎みが確認された場合には速やかに当社までご連絡ください。

A.もちろん交換や修繕に対応させていただきます。
 状態が軽いものであれば現地へお伺いし、状態が重いものは当社へ回収して対応します。
 現地の方々で対応が可能で、修繕費用を抑えたい意向がある場合は補修材をお送りしています。
 回収の場合は施工を行ったものであれば取り外しと修繕後に取り付け直す必要がありますので
 費用がかかります。詳しくはこちらのページをご参照ください。
 「アフターケア」

強風で飛ばないよう、当社より工夫を施してはいますが、元来は風に弱いものです。
耐風圧架台が組み込まれたものでも史上最大風速レベルが予測される場合には、
エア抜きした上で結束収納するようにしてください。
屋内へ収納できるものは収納しましょう。飛翔や破損の可能性を減らせます。