大型の常設バルーン看板、エア着ぐるみ、スライダーなどの遊具等、空気で膨らむ造形を自社工房で製作し、販売及びレンタルしています。

Q&A

Q&A

よくある質問とその答えです。


Q: 屋根の上に飾りたいのですが、どのような条件が必要ですか?

A: 屋根の上に設置する際は必ず、架台が必要になります。
   計画当初の段階で設置場所の画像をお送りください。
   キャラクター等飾るもののイメージ
   (平面イラストでもOK)をメールなどで送ってください。
   サイズについては高さ4mまでとしています。
   4mを超えるサイズの場合は特別な仕様が必要です。(設置条件あり)

   建物に合わせたサイズを設定して設置イメージを作成します。
   そのイメージを元にこちらの方で架台のイメージと必要経費を提示します。
   (予算が決まっていれば事前にお話ください)
   あと、本体分の電源が設置個所に必要です。
   建物の電気関係を扱っている業者に依頼されるとスムーズに行えます。


Q: どうして電源が必要なのですか?
   風船の様に栓をすれば、膨らんでいるのではないですか?

A: 基本的にはミシン縫製をしていますので、縫い目の穴から空気が
   漏れています。送風機を止めてしまうと、少しずつしぼんでしまい
   ますが、逆にいえば、送風機を動かしておけば、多少の穴や傷でも
   問題なく膨らんでいます。


Q: 照明はどのような仕様ですか?電気代はいくらぐらいですか?

A: 22Wの電球型蛍光灯を使用しています。
   保護カバーを取り付けた状態で本体の内部に必要個数を固定しています。
   
   電気代は仮に次の例で算出してみます。
   (4m角程度のキャラクター・PM5:00~PM11:00まで照明を点灯)
   ・送風機(1台):300W×24時間(1日)=約150円
   ・照明(30個):22W×30個×6時間(1日)=約85円
   合計:1日=約235円 1月(30日)=約7050円 ※2011年度、中部電力料金設定を参考
   
   ディスプレイの形状によっては上記と同じサイズでも、送風機のワット数、照明の個数が
   極端に変わる場合がありますのでご注意ください。


Q: 布地は燃えたりしないんですか?
   布地だと何かの拍子に火がついてしまったりしないか、とても心配です。

A: 布地には防炎加工が施されていますので、万が一の場合も
   燃えてしまう心配はありません。また、内部の照明にも熱量の少ない
   蛍光灯を使用し、各照明には保護カバーも取り付けてありますので、
   照明の熱の影響を受けることもありません。


Q: 風で飛ばされたりしないんですか?軽量がウリとのことですが、
   その分、台風が来たときなどに飛ばされたりしないか心配です。

A: 設置場所に合わせ、台風等強風を考慮した仕様で製作しています。
   屋根や屋上に設置する場合、台風警報など強風が予想される場合は
   設置した施設を管理されている方に、電源を抜いてしぼめていただいています。
   本体は縫製されており、通常の広告幕よりも風通しが良く、
   形状も丸みを帯びた曲面形状なので風を逃がしやすい構造になって
   います。万が一、台風が襲来した場合でも屋外にそのまま設置して
   おけます(撤去不要)。


Q: 布地は破れたりしないんですか?布地だと軽くて取り回しがしやすい
   反面、耐久性の面が心配です。

A: 屋外に常設または長期間設置する仕様の場合は、
   布地にFFシートと同じターポリンを使用していますので、
   屋外の風雨や日光に対しておおむね3年程度の耐久性があります。
   また、ターポリンにはあらかじめ防炎加工が施されていますので、
   火災の心配もありません。
   屋内や屋外でも1・2日程度の短期で使用するものは、
   ナイロン布地などの薄く破れに強い布地を使用しています。


Q: ヘリウムガスを入れて、アドバルーンの様に浮かせられますか?

A: アドバルーンや風船と見た目は似ていますが、別物です。
   ミシンで縫製をしていますので縫い穴からガスが漏れてしまいます。
   もちろん浮きません。


Q: 破損した場合の対処はどのようにすればいいでしょうか?

A: 先ずは、使用を控え破損個所の確認をして下さい。
   破損状況は、現場での補修が可能なケースから、
   当社が引き取り、数日かけて直すなど様々です。
   破損個所の画像等を当社に送り、ご相談ください。

   過去の例
   ・エア遊具の空気の入りが弱く、乗ると沈みすぎる。
    原因:遊具の底面が地面とこすれて、
    磨耗・裂け目から空気が漏れる。
    対処:破損個所に丈夫な布地を貼り付ける。(安価)
        本体を再製作する。(高価)
 

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional