大型の常設バルーン看板、エア着ぐるみ、スライダーなどの遊具等、空気で膨らむ造形を自社工房で製作し、販売及びレンタルしています。

製品カタログ:エア着ぐるみ

エア着ぐるみ

エア着ぐるみとは、空気で膨らむ造形に人間が入り、

動いたり歩いたりできるコスチュームのことです。

エア着ぐるみとは・・・・最近では空気で膨らませた「エア着ぐるみ」というものが使われ始めている。これは内部に送風機とバッテリーを装着し、空気を外部から供給しながら膨らみつづけて形状を維持している仕組みである。(いわゆる風船とは違うものである。)この仕様の着ぐるみは丸っこく膨らんだキャラクターの形状を表現するのに向いていて、ゆるキャラの着ぐるみを作る際によく用いられる。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

はぐりん:エア入れテスト

エア着ぐるみの製作事例です。

お店よりご依頼を受け、

ショッピングセンターの

店舗キャラクター(「はぐりん」といいます)を

エア着ぐるみで製作しました。

ショッピングセンターでは

毎週販売促進としてミニイベントを開催しています。

はぐりんと記念撮影

キャラクターの着ぐるみがあれば、

「先着100名様にプレゼント!」といったミニイベントが、

よりらしくなります。

例えば、

このようにプレゼントした後、

「はぐりんと記念撮影」といったイベントとなります。



当社は、エアロクラフト(エア造形・空気圧式布製立体膜構造体)の専門メーカーです。

着ぐるみ製作なら、エア着ぐるみに限定して製作しています。

エア着ぐるみを当社なりに改良を加え開発しています。

例えば下の動画、エア着ぐるみが歩いたりエレベーターに乗ったりしています。

着ぐるみに入っている人が単独で歩けるように、視界を広くとっています。
写真見ただけでは、中の人がどこから見ているかわからないと思います。

キャラクターの目の部分がスモークガラスのようになっていて、中の人が外を見ることができます。

エア着ぐるみの中はどのようになっているか、イメージ図でご紹介します。
エア着ぐるみの内部イメージ

当社ではこのように、エア着ぐるみの完成イメージを作成してメールで送ります。
これを元にお客様とイメージのすり合わせを行います。

形状や色などを、ご注文に応じて何度かイメージを修正して送り、

ご納得いただいて後に製作を開始します。
はぐりん製作イメージ 正面はぐりん製作イメージ 側面はぐりん製作イメージ 背面
パース2.jpgはぐりん製作イメージ パース1

当社で製作した立体イメージをご提供いたします。

それを元に、ご担当の方は、クライアントや上司の方へのプレゼン・説明に役に立ちます。

国内自社製作だからこそデザインなどの打ち合わせも迅速に行えます。

当社は3Dデザインソフト(Shade)で立体イメージを作成して

お客様とイメージのすり合わせを致します。

また、必要に応じて、クレイモデル(粘土モデル)・ミニチュアモデルを

製作してお客様とイメージのすり合わせを致します。

このように、きちんとデザインの確認を行うことで、エンドユーザーの

了解が取れるので、代理店・制作会社の方にとって安心して、

クライアントに提案できるシステムとなっています。

こちらのイラストは、北海道白糠郡白糠町にある
道の駅「しらぬか恋問」のキャラクター「コイタくん」と「メイカちゃん」です。
このイラストを元にエア着ぐるみを製作しました

白糠町「コイタ・メイカ」元イラスト

こちらがクライアントに提示した立体イメージです。

これは最終イメージで、この時は3回くらい修正が入りました。

画像の説明画像の説明

こちらがクレイモデル(粘土モデル)です。

前後左右および上下を撮影して写真画像をメールで送り確認していただきます。

納期に時間がある場合は、クレイモデルを先方に送って確認していただきます。

クレイモデル「コイタ」1クレイモデル「コイタ」2クレイモデル「コイタ」3クレイモデル「メイカ」1クレイモデル「メイカ」2クレイモデル「メイカ」3

こちらが完成画像です。

高速道路のインターチェンジ(白糠IC)開通PRに間に合うように

納期を合わせて製作することになりました。

エア着ぐるみ「コイタくんとメイカちゃん」1エア着ぐるみ「コイタくんとメイカちゃん」2

現地から写真を送っていただきました。

道の駅や町のPRに活用されているようです。

現地より-1現地より-2

エア着ぐるみ「Mr.Friendly」

エア着ぐるみと従来の着ぐるみとの違いは以下のとおりです。

●エア着ぐるみは二頭身キャラクターなど幅と奥行が大きい形状のキャラクターをきぐるみで製作するのに特に効果的

従来の着ぐるみ:ウレタン・スチロール等で形状を表現
デメリット・・・重い・かさばる・密着しているので内部スタッフは暑い・内部スタッフが汗をかき、内部がむれて臭くなる

エア着ぐるみ :布地を空気で膨らませて表現
メリット・・・軽い・折り畳んで収納・布地と内部スタッフとの間に空間が空き、暑さは比較的しのげる・内部スタッフの汗がつきにくく、内部がむれないので臭くない

                              エア着ぐるみ「Mr.Friendly」

エア着ぐるみ「みどぽん」

※他社のエア着ぐるみと違う点

・1台のバッテリーで長時間膨らみ続けます
 (ナイロン布地の場合:最長8時間連続OK)
 (フリース使用の場合:最長2時間程度)
 理由:送風機が小電力で稼働
・表面が破れにくい材質・多少の雨でも大丈夫
 理由:表面材質:ナイロンタフタ(雨傘の布地)
 ※セシーナ・フリース等指定布地でも製作可能
・軽量 理由:送風機・バッテリーとも小型化
・安全対策:漏電対策にヒューズ等組み込み

エア着ぐるみ「みどぽん」


エア着ぐるみ「カリブー」

納期は(三次元イメージで検証)デザイン決定後、一ヶ月です。

1.平面イラストから三次元イメージ作成
2-1クレイモデル作成
2-2.(場合によってミニチュアモデル作成)
3.型紙作成
4.裁断縫製
5.機器組み込み・組立
6.エア入れテスト・調整

納品(宅急便送付)

エア着ぐるみ「カリブー」


powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional