大型の常設バルーン看板、エア着ぐるみ、スライダーなどの遊具等、空気で膨らむ造形を自社工房で製作し、販売及びレンタルしています。

ピラー:電飾幟「虹の家」

エアロ・アラウン・ザ・ピラー: 虹の家

内照式エア式円柱看板「電飾幟」改良版~

2015年10月30日~11月3日まで行われていたイベント、
スマートイルミネーション横浜2015。

今回こちらのイベントに特別協力として参加させていただきました。

虹の家1

撮影 アマノスタジオ

当社でかねてより開発を進めてきました内照式エア式円柱看板「電飾幟」。
今回は、上記イベントのアートプログラムの一つ、
「虹の家」をアーティストの曽谷朝絵さんと共にこちらの仕様で製作し、
イベントで実際に展示されました。

今回のイベントは日が暮れてからが本番の、
イルミネーションアートイベントでしたので、
昼の間の展示はありませんでしたが、
その代わり夜からの展示物として、華やかに目立つことが出来ました。

大きさは通常の電飾幟のサイズだけでなく、
合わせて大中小の3種類の大きさをご用意しました。

大はW1500D1300H2500の切妻屋根タイプで四本足

大

重量がありますが、安定感は太鼓判付きです

中はW900D900H2000の三角錐タイプで二本足

中

重すぎず、軽すぎず、最もバランスのいいサイズです。

小はW500D500H1800の三角錐タイプで一本足

小

軽量で取り扱いが楽ですが、少々風の影響を受けやすい面があります。

今回のイベントでは昼の間は展示物を撤収させておく必要があり、
設置撤収を繰り返し行っていました。
これがもし重い展示物だったとしたら、
現地のスタッフの方々の負担はかなりのものになったと思います。
しかし今回の電飾幟は軽量且つ設置方法が簡単なので、
負担がかなり軽減されていました。
小は女性一人でも片手に一つずつ持つことも可能です。

今回の製作で一番の問題であったのが、これがアート作品であり、
アーティストの方が納得できる作品に仕上げなければならないということでした。

原画をいただきそれを忠実に再現する、かなり難しいことでしたが、
今までの経験の積み重ねと、アーティストの方の協力により、
実現しました。

原画の使いたい部分を展開図にしていただき、
それをデータにして布地に印刷します。
イメージ通りに縫製できるよう、手作業で型紙を起こし、
布を裁断し縫製しました。

そしてこちらがイメージを再現できた本番の写真です。

虹の家2

撮影 アマノスタジオ

曽谷朝絵さんの描いた絵の美しさをそのまま印刷で映しだすことができ、
内部に仕込んだ照明によって美しいこの作品を夜の合間に浮かび上がらせました。

仕様

素材:タフタ 印刷部分:トロピカル
照明:電球型蛍光灯100v 22w
設置:ポール用ベース 幟用ポール 
   重石用ドーナツ型砂袋 鉄製ウエイト
    

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional