最新のお知らせ


ようこそ!

当社は空気で膨らむ造形「エア造形」を専門に製作する会社です。

大きなモニュメントを作ろうとして予想以上にお金がかかったり
設営や撤収に時間がかかったりしていませんか?

また、ウレタンや発泡スチロール製の着ぐるみを製作してみたはいいものの、
負担が大きく収納場所や搬送に困ってはいませんか?

当社で製作している「エア造形」ならば
お客様の予算内で希望通りの造形を製作することができるかもしれません。

まずはご相談ください!

エア造形とは

初めて耳にする方も多いと思います。

「エア造形」とは、空気圧式布製立体膜構造体といい、布を立体裁断・縫製した本体に電動送風機で内部に常時、空気を送り込み内部の空気圧を高めて立体を構成するものを総称したものです。

簡単に言えば、空気を送り続けることで形状を維持する造形のことです。

一般的には「インフレータブルバルーン」と呼ばれることもあります。

「エア造形」は風船やアドバルーン等の
バルーン類とよく混同されますが、似て非なるものです。

バルーン類は空気を一旦入れるだけなので自然にしぼんでいくものですが、
エア造形は空気を入れ続けるので自然にしぼむことはありません。

バルーン類はランニングコストが安く短期の使用に向いており、
エア造形はランニングコストが多少かかりますが長期の使用に向いています。

お客様の使用目的に合わせてエア造形を製作されるかをご検討ください。
※当社ではバルーン類の製作に対応できません。悪しからずご了承ください。

エア造形には大まかに次のような特徴があります。

auto_st7JOJ.jpg

丸みのある造形に最適

ふくらみが丸みを出しやすく、愛らしいキャラクターを
可愛らしく仕上げます。

auto_aOF5jJ.jpg

大きな造形も製作可能

遠くからでも目立つ造形にはある程度の大きさが必要です。
10m以上での製作実績あり!

auto_6TnUaJ.jpg

収納も持ち運びも簡単

大きな造形でも空気を抜いて折り畳めば宅配便で送れます。
収納場所にも困りません。


auto_AIzLZb.jpg

内部照明で綺麗に光る

せっかくの造形も暗いと見えづらいことも。当社の造形は鮮やかに光り目立ちます。

auto_JkUugI.jpg

設置方法はさまざま

設置したい場所が屋上や壁面でも、当社はそれに適したディスプレイをご提案できます。

auto_hFQJGk.jpg

当社独自の耐風圧架台

耐風圧架台を使用したもので
過去、台風の直撃を受けた造形で耐えきった実績あり!


他社ではまだ確立していない技術が数多くあります。
あなたの望むものが、これらの技術により叶えられるかもしれません。

まずは下のボタンより弊社製品仕様をご確認ください。

発注から納品までの流れ



見積書サンプル


1. 見積作成

見積作成には次の情報が必要です。

・使用用途 
・設置場所(屋内or屋外・図面や現場の写真) 
・製作イメージ(イラストや写真、資料データ)
・サイズ感 ・納期 ・発注数 ・予算

※初回取引先については
納品前のお支払いをお願いしています。




2. 3Dイメージ作成

製作イメージ(イラスト等)をもとに作成します。
色・形状・仕様を画像で確認してもらいます。

現場写真があればイメージをはめ込み、
設置イメージの確認もできます。

※修正回数に制限はありません。
3Dイメージから型紙を展開しますので完成形がこの段階で確定します。
ご注意ください。



3Dイメージ




布見本


3. 布地選定

3DイメージにOKが出ましたら、当社で取り扱っている布地の中からイメージから一番近いと思われる色味で候補をいくつか布サンプルとして、お手元へ郵送します。


直接見て触ることで、候補の中から一番理想に近いものを選んでもらいます。


※布サンプルは基本的に当社から出せる候補をすべてご提供しています。よほどの色違いがなければ候補を再度、お出しすることはありません。




4.型紙展開・本体製作開始

3Dイメージから型紙を展開し、製作サイズに合わせて拡大します。布サンプルから選定してもらった布地を型紙に合わせて裁断し縫製を始めます。

イメージだけでは心もとない、手元で実際に造形の形状の確認をしたいという方には、ナイロン布地製のミニチュアモデルがご用意できます。
こちらの製作には別途費用が掛かり、送料はお客様のご負担となります。



型紙に合わせて裁断




エア入チェック


5. エア入れテスト・完成

縫製が完了しましたら空気を入れて形状を確認します。しわ取りなどの修正後、お客様に画像で確認してもらいます。問題がなければ指定先へ納品します。

お客様の手で設営していただく製品については取扱説明書を同封して送っています。




まずはお問合せを!

これまで「エアロクラフト」についてや納品までの流れについて簡単に説明して参りました。
それでもまだまだいろいろ気になる点があると思います。

とりあえず簡単に確認しておきたい、という方は下のボタンをクリック!

具体的に問い合わせしたい!見積りをもらいたい!という方は下のボタンをクリック!

私たちはいつでもお客様からのご連絡をお待ちしております。